CH108

留学する場所を選ぶ際の参考にしたい生活費。費用を抑えたい人は州ごとの物価が気になるところです。アメリカはとても広いですので、州によって物価がかなり違います。ものにもよりますが、日本以上に差がある言って良いでしょう。

どれぐらいの差があるかを調査してみました。※指数の高い州から降順

1 Mississippi 89.1
2 Nebraska 89.5
3 Idaho 89.8
4 Kentucky 90.1
5 Tennessee 90.2
6 Oklahoma 90.4
7 Indiana 90.6
8 Utah 91.1
9 Arkansas 91.6
10 Texas 91.8
11 Kansas 92
12 Iowa 92.1
13 New Mexico 92.3
14 Alabama 92.4
15 Ohio 92.5
16 Missouri 92.8
17 Georgia 92.9
18 Michigan 94.8
19 Louisiana 95
20 Nevada 95.5
21 South Carolina 95.6
22 Illinois 95.6
23 North Carolina 95.9
24 Virginia 96.2
25 Wisconsin 96.5
26 Wyoming 96.7
27 West Virginia 97.2
28 Florida 98.2
29 Montana 98.4
30 Colorado 99.5
31 South Dakota 99.6
32 North Dakota 99.9
33 Pennsylvania 100.7
34 Arizona 101.9
35 Minnesota 101.9
36 Washington 102.6
37 Oregon 106.8
38 Delaware 107.2
39 Maine 110.6
40 Maryland 119.9
41 Vermont 120.5
42 New Hampshire 120.7
43 Massachusetts 122.1
44 Rhode Island 125.7
45 California 128.1
46 New Jersey 130
47 Alaska 131.4
48 Connecticut 132.6
49 New York 136.4
50 District of Columbia 140.1
51 Hawaii 156.9

やはりハワイやニューヨークは生活費の高さが顕著。ミシシッピーやネブラスカ、アイダホ辺りが最も安い州ですね。ちなみにやはり物価の低い場所は地方が多いですが、やはり地方に行けば行くほどアメリカ人環境になるので、英語に集中は出来ると思います。

アメリカ各都市の物価を調べる方法

アメリカの大学など学校選びをする際に確認してもらいたいのが生活費。当たり前ですがニューヨークは地方都市と比較しても高いため、留学費用の総額も必然的に上がります。そこでこのサイトが非常に便利。各都市の物価比較が出来ます。
http://www.expatistan.com/cost-of-living
2016-02-02_034048

ロサンゼルスとニューヨーク(市)を比較してみましたが、約24%ロサンゼルスの方が安いようです。

月25ドルで話し放題 アメリカ留学中の携帯電話

アメリカについたら携帯をどうするか?最近では日本だけでなくこの国でも電話代金自体は安くなっていると感じる。プリペイド携帯でTmobileを契約して月25ドルで話し放題。

つまりアンロックされた電話機があれば、Sim購入費はかかるものの、通話自体にかかる費用はこれだけ。一昔前は電話代だけで50ドルは下らなかったのに。

もちろん、アイフォンなどのスマホを使ってアプリもいじりたい人は、パケ放題とかで月100ドル近くする。しかし留学中は稼げないもんね。節約しないと。

自分は日本で使っていたスマホと2台持ち。アプリはWifiがある環境で使い、アメリカの電話は電話とショートメールに徹する。でも慣れちゃえばそんなに不便はないです。


「アメリカへ留学したい」の人気記事はこちら

ブログ管理人 留学情報館 大塚庸平

株式会社 留学情報館の代表をしております、大塚庸平( オオツカ ヨウヘイ )と申します。自分自身もアメリカに留学をしていました。

「現地でこれやっておけば良かった!」
「これを知っていれば良かった!」

自分が感じたそんな思いを、解決すべく留学会社をロサンゼルスで設立しました。2007年にはニューヨーク、2008年に日本に拠点を展開しています。

この仕事に関わって長い月日が経ちますが、その経験の中で学んだことやノウハウをここで提供していきたいと思います。

続きのプロフィールはこちら→http://yohei.today/profile

アメリカ学生Fビザの申請に落ちてしまった

まず、どういう人が受かるか。これは明確。アメリカという国に利益をもたらす人。これに尽きる。例えば、面接で気に入られようとアメリカ好きをアピール、「私、アメリカにずっと住みたいんです!」結果、この人は認可されなかった。

審査する人も人間なので、当然好かれた方がいい。でも、審査官の合否の基準は好きか嫌いかではない。あくまでも彼らはアメリカ人の味方。

続きはこちら→http://yohei.today/post-39

アメリカビザ申請のサポート

留学情報館ではビザ申請のサポートをさせて頂いております。
http://yohei.today/post-363