160103_046a_TP_V

留学エージェントには手続き手数料が有料の会社と無料の会社がある。語学留学の手続きが無料の留学エージェントは無料で出来るのは手続きだけであって、手厚いサポートに関してはオプションで取ってもらう形になります。

あなたのニーズに合う学校を紹介してくれる会社が良い

空港まで迎えに来てくれーとか、滞在先も特殊なのじゃなきゃやだーと言ったやつですね。この仕組みはどこの無料エージェントで同じ。なぜ無料で出来ているかと言うとそれは紹介先の学校からコミッションをもらっているから。

現在、大手の留学エージェントの多くはまだ留学生からも手数料をとっている。もちろん学校からも貰っている。だからどうしても無料の留学エージェントよりは料金が高くなる。でもこれは旅行業界のここ20年の動きと同じように、今後は無料の会社が一般的になると個人的には思っている。

有料エージェントは無料エージェントと比較して、

  • 場所が便利な場所にあることが多い
  • 豪華なオフィスがあることが多い
  • 英語レッスンなどが無料でついてくる

各社違えど良い点があったりする。なので、手厚いサポートを求めて有料のエージェントにするのも良いと思います。しかし、無料にしても有料にしても注意して欲しいのが紹介される学校。

無料の場合、利益はどこでとっているかと言うと学校からのコミッション。そうなると無料の分、コミッションが高い学校を優先して紹介する留学エージェントが結構多い。

例えばアメリカの語学留学の場合、大体の平均相場は1月10万円~12万円程度になるが、安い学校だと月3~4万円の学校もある。高い学校だと20万円近くする。このような安い学校はもちろん安いだけの理由があるわけだが、多くの留学エージェントはこれらの学校を紹介していないことが多い。

理由は単純。利益率が悪いからだ。もちろん質が落ちるというのもある。留学の成功失敗は学校選びが結構重要。だからこそ、ちゃんと自分たちのニーズにあった学校を紹介してもらいたいものだ。

なので留学エージェントを見極めるのにも、留学エージェントが推すほんの数校を紹介するのではなく、あなたのニーズに合う学校を紹介してくれる会社が良いと思う。当然、学校やそのエリアに詳しく、しっかりと学校の一覧を見せてくれてるとベスト。

有名な学校を選択しておけば安心

ビザが取りやすい語学学校はどこですか?ビザの相談で聞かれた質問。確かに学校によってビザが取りにくい学校はあるのは事実。

どことは大きな声では言えないが、却下された人の相談を聞いていると良く名前が挙がる学校もある。

私:「どこの学校に行く予定でした?」
お客様:「◯◯です。」

ああ、またそこか、、、という感じだ。ちなみに、そういう学校は数年後しっかりと潰されていることが多い傾向にある。また、とある中国の留学エージェントから聞いた話だと、迷ったらUCLA Extensionコースに入れる、と聞いたこともある。

しかし一方で、1日に何十人も審査をする移民官が全ての学校を把握しているとも思えない。アメリカは大学・大学院だけで4,500校近くある。その学校を面接のたびにいちいち調べてのぞんだりはしないだろう。

なので恐らくだが、このように推察出来る。

・目をつけられている学校があり、それはリスト化されている。
・州立大学や移民官が聞いたことのある学校はマイナスになることはない。

つまり、有名な学校を選択しておけば安心ということだ。


「TOEFLの点数を上げたい」, 「TOEICの点数を上げたい」, 「アメリカの大学へ進学したい」, 「アメリカへ留学したい」の人気記事はこちら

ブログ管理人 留学情報館 大塚庸平

株式会社 留学情報館の代表をしております、大塚庸平( オオツカ ヨウヘイ )と申します。自分自身もアメリカに留学をしていました。

「現地でこれやっておけば良かった!」
「これを知っていれば良かった!」

自分が感じたそんな思いを、解決すべく留学会社をロサンゼルスで設立しました。2007年にはニューヨーク、2008年に日本に拠点を展開しています。

この仕事に関わって長い月日が経ちますが、その経験の中で学んだことやノウハウをここで提供していきたいと思います。

続きのプロフィールはこちら→http://yohei.today/profile

アメリカ学生Fビザの申請に落ちてしまった

まず、どういう人が受かるか。これは明確。アメリカという国に利益をもたらす人。これに尽きる。例えば、面接で気に入られようとアメリカ好きをアピール、「私、アメリカにずっと住みたいんです!」結果、この人は認可されなかった。

審査する人も人間なので、当然好かれた方がいい。でも、審査官の合否の基準は好きか嫌いかではない。あくまでも彼らはアメリカ人の味方。

続きはこちら→http://yohei.today/post-39

アメリカビザ申請のサポート

留学情報館ではビザ申請のサポートをさせて頂いております。
http://yohei.today/post-363