俺セブ

俺セブ留学さん主催の学校経営者の会に参加させて頂きました!

約20名の日本人経営者が集まり、熱い1日でした。
ある意味ライバル同士の集まりだと思うのですが、その辺はみなさん懐深く、
仲良く情報交換してました(笑)

会場はこんな素敵な場所。

俺セブ会

フィリピンのセブには、このような良い雰囲気のレストランも増えて来ましたが、
ここは知らなかった!穴場ですね。

実はセブの学校経営差は若い実業家ばかりかと思っていたのですが、
39歳の自分がむしろ若い方?思っていたよりも皆様(良い意味で)お年をめされていて緊張しました(笑)

だって自分、良くも悪くもセブの英語学校経営者じゃないのに、
この場に呼ばれたには訳があって、それはプレゼンターとして呼ばれていたからです。

俺セブ会

セブの学校経営者にアメリカ学校事情を語って欲しい。
そんな風に言われ、若輩ながらプレゼンさせていただくお時間を頂いたわけです。

しかし、自分は若者の会、ぐらいに思っていたら
自分なんかよりもご経験のある先輩ばかり。
しかもとても実績を出されていたり、メディアでも同じみの方も多数おりタジタジ。

プレゼンの内容はお役に立てたかな?不安で一杯です。

雰囲気はこんな感じでした。

俺セブ会

食事をしながらプレゼンを4つ聞くというスタイル。
最後のプレゼンではあのテレビでもお馴染みに東進ハイスクールの有名講師
誰でもヒーローのヒロさん。

俺セブ会
めちゃくちゃ話が上手。

また内容がとても良く、心に揺れるお話を頂戴しました。

写真こそ載せませんが、この後の2次会でもセブ留学や教育論など、
様々な話で盛り上がり、もっとやってやろう!!!!
と思う熱い一日でした。

アメリカ留学とフィリピン留学

大塚はアメリカからセブに寝返ったのか?
実はこんな話を、アメリカの留学仲間から良くされます(笑)

最近はアメリカのスタッフが任せても安心できるので、
セブにいる事が多いのは事実です(笑)

セブオフィスの立ち上げなど手掛けており、セブ系のトークが多いかもですね。

でもそんなことはなく、私はいつでもアメリカ贔屓です。
でもセブ留学が日本人にとても合っているのも事実。

様々なサイト上でアメリカ留学とフィリピン留学については比較をされています。
が、この業界に10年以上いる僕からすれば比較するのはおかしいというか、
どっちが良くてどっちが悪いという話ではないと思うんです。

スピーキングの弱い日本人にはセブ留学がとてもあっており、
ここでマンツーマンで英語力を上げるのはとても効果的。

一方、ある程度の英語力がある人がアメリカ留学で
自分の興味のある事項を英語で勉強する。出来るならば絶対それが良いと思う。

    英語力がどれぐらいか?
    どこを強化したいのか?
    何を目指す上で留学したいのか?

英語力を上げるという側面だけで言えば、これらによってもお勧めする場所も違うと思います。

いずれその変の差についても詳しく書こうと思います。


「フィリピンへ留学したい」の人気記事はこちら

ブログ管理人 留学情報館 大塚庸平

株式会社 留学情報館の代表をしております、大塚庸平( オオツカ ヨウヘイ )と申します。自分自身もアメリカに留学をしていました。

「現地でこれやっておけば良かった!」
「これを知っていれば良かった!」

自分が感じたそんな思いを、解決すべく留学会社をロサンゼルスで設立しました。2007年にはニューヨーク、2008年に日本に拠点を展開しています。

この仕事に関わって長い月日が経ちますが、その経験の中で学んだことやノウハウをここで提供していきたいと思います。

続きのプロフィールはこちら→http://yohei.today/profile

子育てに疲れているママ専門のママ留学.com が始まりました

自分の中では子育ては女の役割、仕事が自分の役割、なんて説明を試みるが、そんなの妻には関係ない。
役割とかロジックとかは関係ない。ただ、ただ、寝たい。妻をフィリピンに連れて行ったのはそんな頃でした。

留学の仕事でフィリピンのセブ島に長期間行く必要があったのです。
こんな状態で嫁をひとりにしたら発狂するな。ではいっそのこと連れていってしまおう。

シッターさんも安いっていうし、嫁にも子どもにも英語を勉強する機会になる。
そう思って連れて行きました。


子育てのストレスを解消しながら、フィリピンのセブ島でやりたかった英語が勉強できる ママ留学.com

アメリカビザ申請のサポート

留学情報館ではビザ申請のサポートをさせて頂いております。
http://yohei.today/post-363