アメリカ (11)

今日は少しでも授業料金を抑える方法をお伝えします。

ご存知でしょうか?アメリカは物価の上昇に伴い授業料金が毎年上がります。それも学費の高騰はかなり大きく、学校によっては10%も授業料金が上がります。

これ結構インパクト大きくて、年間学費が150万円とすると、1年で15万円近くも変わってきます。

値上がりは年末。10月の後半ぐらいから12月末程度までが多く、まさに今この時期から上がってきます。

そこで少しでも安くアメリカ留学を実現したい方は、高くなる前に申し込む事が重要です。

学校によってはすでに、2017年度料金が発表されている学校もありますが、多くの学校は年内に申込手続きを済ませておくと、2016年度料金で対応してくれます。

来年度、留学を考えている方で行くことが決まっているであれば、今のうちに申し込んでおくことをお勧めします。

shutterstock_215388637

アメリカ留学準備はまずはここから

またここからは宣伝ですが、来年度に向けて留学準備をこれからする方、

    ・2016年度料金を知りたい。
    ・そもそもどんな学校があるの?
    ・アメリカの留学事情を知りたい
    ・都市別の特徴が聞きたい
    ・ビザ申請手続きについて聞きたい。

など、これからアメリカ準備を勧める方のために説明会を開催しています。

アメリカ語学せつめい

留学を考えている方はまずはここに参加してから準備を進めていきましょう。

現地からの最新生情報をお届けしますし、聞くだけなら無料です。
参加しておいて損はないです。

毎回満席になるので、空き状況を事前確認の上お申し込み下さいね!

詳細・申込
http://nes-ryugaku.com/event_seminar2_all.php


「アメリカへ留学したい」の人気記事はこちら

ブログ管理人 留学情報館 大塚庸平

株式会社 留学情報館の代表をしております、大塚庸平( オオツカ ヨウヘイ )と申します。自分自身もアメリカに留学をしていました。

「現地でこれやっておけば良かった!」
「これを知っていれば良かった!」

自分が感じたそんな思いを、解決すべく留学会社をロサンゼルスで設立しました。2007年にはニューヨーク、2008年に日本に拠点を展開しています。

この仕事に関わって長い月日が経ちますが、その経験の中で学んだことやノウハウをここで提供していきたいと思います。

続きのプロフィールはこちら→http://yohei.today/profile

アメリカ学生Fビザの申請に落ちてしまった

まず、どういう人が受かるか。これは明確。アメリカという国に利益をもたらす人。これに尽きる。例えば、面接で気に入られようとアメリカ好きをアピール、「私、アメリカにずっと住みたいんです!」結果、この人は認可されなかった。

審査する人も人間なので、当然好かれた方がいい。でも、審査官の合否の基準は好きか嫌いかではない。あくまでも彼らはアメリカ人の味方。

続きはこちら→http://yohei.today/post-39

アメリカビザ申請のサポート

留学情報館ではビザ申請のサポートをさせて頂いております。
http://yohei.today/post-363